コンセプト

電子カルテと連携し
「医療安全の向上」「看護業務の効率化」に寄与する
医療従事者向け情報端末です

導入効果

端末設置イメージ

床頭台・壁面などに埋め込みまたはアーム取付等で設置します。

  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ
  • 端末設置イメージ

機能と特徴

1電子化ピクトグラム

旧来の紙や札、マグネットを使ったベッドサイドの注意喚起を電子化し、 電子カルテと連携し患者の注意事項をわかりやすいアイコンで自動表示・自動更新し、 医療安全の向上に貢献します。

Before(旧来のベッドサイド) ↓ After(ユカリアタッチ導入)

柔軟なカスタマイズ性

画面デザイン・表示方法・ピクトグラム選択肢など、病院様ごとの要望に合わせ柔軟にオーダーメイド対応いたします。

【カスタマイズ制作一例】

2電子カルテ内診療情報の参照

電子カルテ内にある必要な情報をわかりやすく表示。
カルテPCを持ち歩かない職員の方も、職員認証のみで手ぶらで参照が可能です。

医療従事者用画面
【表示内容一例】
  • 検査結果
  • 経過表
  • 定期インスリン予定・スケール
  • 点滴予定・実施状況

3バイタル測定器連携

今まで手入力していたバイタル測定のデータ登録が、
ユカリアタッチに測定器をかざすことで、ミスなく短時間で電子カルテに反映されます。

バイタル登録画面

バイタル測定器をかざすだけで、データを電子カルテに登録!

事前にペアリングした測定器からのみデータ登録を受付

旧来の読取・転記・入力ミスのリスクを回避し、記録までのタイムラグも大幅短縮

Before(旧来のオペレーション) ↓ After(ユカリアタッチ導入)

記録作業時間の削減効果

バイタル測定において手入力を排除しタッチ入力することで、
記録作業の時間を削減でき、業務効率が格段にアップします。

測定+記録に要した時間の比較

4個人情報の取扱への配慮

全体もしくは任意箇所の情報を必要時のみ表示することも可能です

通常は任意の情報が隠れた状態。一度タッチすると表示され、再度タッチするか無操作で一定時間が経過すると再び隠れた状態に戻ります。

患者情報を非表示化

その他事例

  • 例1:全体ブラックアウト
  • 例2:全体スクリーンセーバー
  • 例3:カレンダー・時計・患者向けメッセージ・患者予定のみ表示
  • 例4:患者名のみマスキング

5その他機能のご紹介

患者離床管理

患者の離床状況をベッドサイド及び職員PCから可視化・把握管理することが可能です。

離床先が画面に表示されます
職員PCから遠隔でも離床状態を把握可能

選択食(オプション)

ベッドサイド端末から食事選択が可能です。
電子カルテ・給食システムと連携し、メニュー情報の配信・集計業務を効率化します。

  • 患者様向けメニュー表示画面
  • 患者様向けメニュー詳細・選択画面

売店注文(オプション)

端末から売店商品の注文が可能です。
管理者の方はPCから注文商品リスト、請求書、領収書などを閲覧・出力できます。

  • 商品選択画面
  • 商品詳細画面
  • 注文履歴画面
  • 注文修正入力画面

院内情報参照(オプション)

入院案内や検査・手術・治療、薬剤や器具などの患者様向けの説明情報を端末画面内で参照することも可能です。

  • 病院案内
  • 入院時の説明
  • 検査・手術・治療説明
  • 薬剤・器具の説明
  • 栄養・運動の説明

他にもカスタマイズ可能な様々な機能を揃えておりますので、お問い合わせ・ご相談ください。

安全・安心を実現する3つの特許

ベッドサイド端末の安全・安心な運用に欠かせない3つの特許を保有しております。

1. セキュリティ向上プログラム
(特許第6309504号、特許第6407464号)
セキュリティ向上のため、医療者以外の閲覧制限を設ける医療者認証の一連のプロセスが、特許として権利化されています
2. 通信端末の制御プログラム
(特許第6367504号、特許第6423120号)
患者誤認を防止する、ベッドサイド情報端末とバイタル測定器を紐づける仕組みが、特許として権利化されています
3. 病院食管理プログラム
(特許第6442100号)
電子カルテや給食システムと連携し、食事管理を向上させる病院食管理プログラムが、特許として権利化されています

医療従事者の業務効率化・医療安全の向上

01 ベッドサイド情報端末
ベッドサイド情報端末

電子カルテと連携した端末で各患者の情報を自動表示。バイタルデータの登録も可能です。

もっと詳しくみる
02 職員携帯型端末
職員携帯型端末

患者説明資料や業務用ツールを電子化。運用工数の削減と資料の伝わりやすさの向上を実現します。

もっと詳しくみる

情報・サービス提供による
患者アメニティ向上

03 機能拡張型テレビ
機能拡張型テレビ

床頭台のテレビを活用し、放送視聴に加えて情報・アメニティサービスの提供を行うことができます。

もっと詳しくみる
04 患者用端末
患者用端末

タッチパネル端末による情報提供やインターネット環境整備、外国人対応などにより病室の付加価値を向上します。

もっと詳しくみる

ユカリアタッチ
導入実績